大幅に削減した鋼重による相乗効果

ウェブ幅厚比150を実現したフレーム形状、板厚4.5mm〜19mmの高張力鋼板(SM490A)の採用、
独自部材の数々の組み合せにより鋼重を大幅に削減したことにより、建築費用を大きく抑えることができます。

削減した鋼重は最大で60%。その空間が大きければ大きい程効果も大きくなります。
また自重を低減させることは基礎工事費の低減に繋がります。

品質を低下させることなく合理性を追求した結果、建設費の削減を実現しています。

※建築面積2,000㎡の在来工法の鉄骨工事費と比較


在来工法と比べ納期を100日短縮※1,000m2の場合

yess建築は部材が標準化されており専用工場で一貫生産されている為、材料手配の必要がなく即時に工場製作を開始できます。

鉄骨・屋根・外壁および建具等納まりの標準が決まっているため、現場での打合せや施工図作成が不要です。また現場加工を無くし、標準化省力化されている為、施工時の工期も短縮しています。


国内唯一の『構造一般評定』取得システム建築

yess建築はシステム建築では日本で唯一、鉄骨・屋根・外壁・樋等の素材を一貫生産できる工場を有しており、一貫した品質管理をしており、全国で6,000棟以上の建築を支えています。

屋根材・外壁材はガルバリウム鋼板により耐食性に優れており、屋根断熱工法によりALCに比べ1.3〜2倍の優れた断熱性を得ることができ、この組合せにより非常に軽量かつ高断熱である理想の屋根システムとなっています。

信頼の認定工法
・yess建築は日本のシステム建築で唯一、(財)日本建築センターによる「構造一般評定」を取得した工業建築製品です。
・国土交通省新技術情報活用システムNETISにも登録されています。


工場・倉庫・店舗・スポーツ施設等数々の実績

鋼重の低減を図った独自のフレーム形状は、大スパンをも可能にしました。
無柱で最小11.7m〜最大60mまでの大スパンに対応し、中間柱を利用すれば最大150mの大空間も対応可能。桁行長さは制限はありません。

yess建築は物件毎に構造設計(積雪、台風、地震等の検討)を行なっており、過去の大震災で大きな損傷を受けた建物はなく、安心して大空間を構築することが可能です。

空間が大きくなれば大きくなるほどコストメリットも増大していきます。