2019年2月13日

経済的なスパンや構成は?

経済的なおすすめスパン ※地盤等の条件により異なります。
No.1 : 7200
No.2 : 6300
No.3 : 8100
No.4 : 5400
yess建築の特徴の一つに、自由なレイアウトが可能であることがあげられますが、上屋構造のみで考えると、上記のスパンを採用することにより経済的な構造にできます。
一般的にスパンが大きい方が基礎の数量を減らすこともでき経済的ですが、空調設備等の吊荷重によってはスパンを小さくした方が1つの柱梁に掛かる荷重を分散でき経済的となることもあります。
建築計画の際には、間取り、天井荷重等、諸条件により様々なプランをご提案させていただきます。